ろいやるはうす

九星気学で鑑る2021年7月の運勢 (7/7〜 8/7)

LINEで送る
Pocket

こんにちは♪

ろいやるはうす代表の岡です。

毎月大人気の九星気学♪

2021年7月の運勢も届きましたのでお送りいたします!

 

九星気学で鑑る2021年7月の運勢(7/7〜 8/7)

 

 

全体運

【全体運】
先月はなりたい自分像に向かい一歩前に踏み出し、
固い殻をパッキーンと割ることはできたでしょうか。
6月に殻をブチ破り芽を出せた人は、その芽がどんどん伸びていく。

ただし、7月は右往左往するので、いろんなことが二転三転したり、
思うように進まないので本当にこれで良かったんだろうか?という気持ちになるが、
今月はそれで良し。

諦めず進み続ければ8月に少し形になるから継続しよう。
これからどうなっていくんだろうと未来が見えないならば、
どんな未来にしたいか自分でちゃんと決めること。
6月中に言葉の裏に隠れた相手の思いをちゃんと汲むことができたなら、
どんな自分で有りたいかビジョンが見えたはず。
そのビジョンに向かうために、何と離れれば良いか、
何を自分に取り込んでいけば良いかよく考え行動する1ヶ月にしてみよう。
今月は争い厳禁なので要注意。

 

今月の各星のポイント

一白水星

超多忙の中でもノルマと責任をしっかり果たすこと

 

二黒土星

家族との夕食をしっかり楽しむ時間を作ろう

 

三碧木星

思い切ってイメチェンしてみると吉

 

四緑木星

人のフリ見て我がフリ本気で直そう

 

五黄土星

何事も自分からは決して主張せず

言われた事をきっちりとやる

 

六白金星

どれだけ相手の思いを汲めるかがカギ

 

七赤金星

毎日しっかり声を出して

周囲を元気づける役割を果そう

 

八白土星

自分の都合を捨てて

周囲に合わせて1ヶ月過ごしてみると良い

 

九紫火星

9ヶ月分の総決算。

自分を主張せず周囲の願いを叶える事にとにかく意識を向ける事。

 

九星気学基礎講座のご案内

中国から伝わる世界最古の学問であり、天文学であり、統計学でもある九星気学。古来より君主が国造りや統治のための学問として、また現在では政治家や経営者など多くの方が学び活用しています。全く初めての方にも安心して学んでいただけるオンラインでの入門講座です。

 

講座内容

・毎年、毎月の心構えが分かる「十干」「十二支」の意味は?
・意識すれば運気アップ!ラッキーカラー& ラッキーグッズなど
・星の動きと遁甲盤
・本命と月命、相生と相剋、最大吉方
・自分が周囲から求められているもの
・先天、後天の関係
・進展の法則

 

受講料◆11,000 円(税込)(全5回分の金額)

テキスト代◆1,870円(税込)

講師◆山中見友

(1回2時間/全5回の合計10時間)

※日程などについては、こちら(渡辺:sey123.mond.erde@gmail.com)へお問い合わせください。

 

 

監修

九星気学

山中見友(やまなか みゆ)
株式会社グランドール代表取締役
財団法人ウェイクナーズ・メンタルマイスター

1981年生まれ。広島県呉市出身。
高校中退後22歳で高卒資格を取得し29歳で保育士資格を取得。
26歳から藤井康夫氏より九星気学・姓名鑑定を学び。
広島県・長崎県にてスクールを定期開催。
学校での講演会や教員研修、子育て中の保護者の座談会も務め、
メンター講座の講師、子育て応援インストラクター、リーダー育成も行っている。

株式会社グランドールでは、家庭~地域~世界で活躍できる人財育成を行っている。

 

九星気学とは?世界最古の学問であり天文学・統計学でもある気学は、

古来より君主が国造りや統治のための学問として用いてきました。

【天の気(宇宙全体の気)】【人の気(生命の気)】【地の気(地球の気)】の3つの気を元に月の運勢を発行中。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

子育て情報・イベント情報配信中

LINE登録はこちら LINE登録はこちら arrow_right
PAGE TOP